R100

松本人志監督の最新作「R100」が公開されましたね。

SNSでは客が全然入らないとか、つまらなかったという感想が投稿され、
一部で話題になっているようです。

監督のデビュー作「大日本人」から「さや侍」まで見ている松本人志ファンの僕ですが、
さすがに今作は見ないことにしました。もう騙されるのは勘弁です。
最近はダウンタウンの人気も低迷し、どのレギュラー番組も低視聴率みたいですね。
テレビの松本人志は相変わらず面白いと思うのですが、なぜ視聴者に飽きられているのでしょうか?

おそらく、NHKで放送されたコント番組「MHK」が酷い出来だったことが影響しているのではと思います。
「ごっつ」で至極のコントを連発していたあの松本人志が、
今ではこの程度のものしか作れないということをまざまざと見せつけられた
視聴者の答えが数字として出ているのでしょう。

それでも、ファンは次の映画は面白いはずだ!と、R100を見に行くのでしょう。
めげるなファン、負けるな松ちゃん、そしていつまで映画撮らせるんだ吉本興業!

この記事へのコメント